グルメ:フレンチ

渋谷「焼肉YAMAZON」ちょっとリュクスな合同バースデー

味覚があう同世代の友人から、5,6月生まれの合同バースデーのお誘いが。

年に1回の特別な機会なので、ちょっと奮発してリュクスに・・・と、渋谷「焼肉YAMAZON」へ。

b0354293_23134938.jpg

「セレブ焼肉」と唱っていますが、外観はフレンチレストラン。

b0354293_23141737.jpg

全席個室の落ち着いた設えで、最上級の和牛とワインを楽しめる空間です。

焼肉とフレンチが両方堪能できる「フレンチフュージョンYAMAZONコース」をいただきました。

ワインはあらかじめだいたいの予算と飲む量をお伝えして、ソムリエにお任せしました。

b0354293_23143845.jpg

マリーアントワネットに献上したメゾン・ドユ・シャンパーニュの一つ、パイパー・エドシックの 2006年で、

b0354293_23145725.jpg

乾杯!

b0354293_23152185.jpg

アミューズは、国産タンのスモーク ロゼワインジェリー ラビゴットソース。

このタンは希少で、こちらのお店でも月1本くらいしか入荷できないそう。

アミューズから特別感が溢れています。

b0354293_23153503.jpg

前菜は「鶏レバーのカンパーニュ 野菜のピクルス添え、すずきのカルパッチョ、バジルソース」。レフォールソースは、パテ用です。

ヴィシソワーズの口当たりの滑らかさは特筆すべき!

b0354293_23155278.jpg

フォアグラにはロゼを・・と。

お店のお奨めは、ミラヴァル。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョイが南仏で購入したワイナリーとして有名ですね。

b0354293_23161371.jpg

「鴨フォアグラのポワレと大根煮」

少し和風のテリヤキソースに似た甘辛く出汁が効いたソース。

通常フォアグラに合わせる白だと、全体の甘辛さが強すぎてしまうかも・・・

ロゼにすると、出汁を感じる上品な味わいに。

b0354293_23162766.jpg

「トリュフとお野菜を浮かべた米沢牛のコンソメスープ」

6年ほど前、ウィーンで出会った印象的な牛コンソメスープを彷彿させる美味しさ!

味が濃厚なのに、口当たりは軽い。

黒トリュフの香りが、喉から抜けるコンソメの香りと相まって、上顎から鼻にかけて美味しい香りのせめぎ合い。

b0354293_23164476.jpg

赤は、ジュヴレーシャンベルタン。

2011年なので、まだ若めです。

赤身肉とあわせて、フレッシュベリーの味わいを楽しみました。

b0354293_23170582.jpg

「ブリスケ(腕)、肩三角、かめのこ」

美しすぎる赤身たち(笑)!!

b0354293_23172350.jpg

「みすじ、とも三角、リブかぶり」

そして、脂が美味しい霜降りたち。

b0354293_23173891.jpg

お肉は全てお店のスタッフが頃合いよく焼いてくれます。

b0354293_23175294.jpg

薬味も考えぬかれています。

右はパクチー、赤玉ねぎ、パセリで、霜降り肉にあわせて。

左は白ワインビネガー、レモン汁で、岩塩と一緒に赤身肉に。

ここでやっと「焼肉」になりました。

フレンチのままだったら、ここで何らかのステーキやグリエになるのでしょう。

網で焼く上質のお肉は、余分な脂が全くなくなるのでとても軽く感じます。

食べ疲れも防げるので、メインのお肉に焼肉、いいですね~!!

b0354293_23181291.jpg

「牛タンシチュー 赤ワイン風味のリゾット添え」

でも、お肉の煮込みはやっぱりフレンチがいいのです!

単品でこれをお願いしたいくらい、好みの味です。



そして最後はバースデープレート。

いくつになっても嬉しいですね!

クラシックなお料理が、今はかえって新鮮で、少しノスタルジーも感じられ、素敵なバースデーディナーになりました。

半個室(ドアなし)と完全個室(ドアあり)の空間も、友人と過ごすのに最適。

ハレの日使いに是非とも訪れたいお店です。

【焼肉YAMAZON】

住所: 渋谷区渋谷1-6-11

電話: 03-6805-0486


[PR]
by yukikusama | 2016-06-29 23:21 | グルメ:フレンチ

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30