グルメ:イタリアン

麻布十番「digiorgio ディジョルジョ」隠れ家感、セレブ感満喫の素敵イタリアン

特別感のある飲食店で接待を重ねている友人から、「ネタにつきてしまった~。行ったことがないお店を紹介してほしい。」とリクエストがあり伺った麻布十番「digiorgio ディジョルジョ」

もと上司のイタリア人、Giorgio Matera がオーナーのイタリアンです。

有機的にも無機的にも、彼の食空間創りはピカイチ!

その演出に慣れているはずの私でも、お客の立場で経験すると毎回新鮮な驚きがあります。

b0354293_23463692.jpg

そして・・・ちょっとしたサプライズもあり、なんと1皿目の写真を撮り忘れるという大失態(笑)。それだけ心が奪われていたのでしょうね。

b0354293_23464761.jpg


スプマンテとポレンタの後は、

「手長海老と甘海老、エジプト豆のカンノリッキョと帆立のオーブン焼き」でした。

見た目も美しく、撮り忘れたのがとても残念。

b0354293_23465645.jpg

「フレッシュブッラータと雲丹、パセリのムース」

最高の状態のブッラータ。

プルっとしているのに舌にのせるとトロ~リと溶ける・・・

プーリアの赤とあわせて、口の中が本当に幸せ!(笑)

b0354293_23470695.jpg

「フルシュッド(プーリアのパスタ)、ロブスター、帆立のソース」

少し歪な形が手作りを物語っています。

魚介のコクがあるソース、ロブスターと帆立の甘味。

自然と笑みがこぼれる美味しさ。

b0354293_23471900.jpg

「ビーフ入りパスタ グリーンピースソース」

テーブルで黒トリュフをタップリと。

b0354293_23473135.jpg

トリュフはこんなボックスでテーブルにやってきました。

b0354293_23473723.jpg

「牛フィレのロースト、ヒマラヤの燻製塩」

タップリのルッコラ、パルミジャーノのスライス、熟成バルサミコと適量の塩。

それだけでロースト肉が美味しくヘルシーにいただけます。

シンプルですが、大好きなお肉料理の一つです。

b0354293_23474618.jpg

コーヒーを飲みながら寛いでいると、「これ飲みたいでしょう」とレモンチェッロがでてきました。

自分の家で寛いでいて、美味しいお料理とお酒をサーブしてもらっているかのように、リラックスした雰囲気、でも空間はとてもゴージャス。

この日は貸し切りでゆっくりと思い出に残るディナータイムを過ごせました。

digiorgio

http://www.digiorgio.co.jp/jp/restaurant/index.html


[PR]
by yukikusama | 2017-02-23 23:51 | グルメ:イタリアン

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31