グルメ:フレンチ

西麻布「French Monstar フレンチモンスター」徳島直送食材がフレンチシックに大変身

「ヌーヴェル・キュイジーヌ時代の手法やフランス郷土料理を上手く活かし、懐かしい味を残しつつも、進化している」、そんなフレンチが、超好み!

一度伺って印象的だった西麻布「French Monstar フレンチモンスター」に、定期的に会食をしている食雑誌の編集長をお誘いしました。
前回のお料理は こちら 。


21時まではコースの提供なので、全8皿のムニュ・セゾン、メインお魚2皿をお魚とお肉1皿ずつにかえていただきました。
ワインは2人でいつも2本位は飲むのですが、こちらはグラスワインも種類が豊富。
自然にグラスワインの流れになりました。

b0354293_21420994.jpg

最初はシャンパーニュ ドラモット
エレガントですが、しっかりとしたボディ。


b0354293_21425122.jpg

アミューズ「鳴門たこ、蝦夷鹿、コンテとミモレット」
徳島直送の食材がメインのFrench Monstar。

たこ好きとしては、鳴門たこの吸盤寄せに感激です。

b0354293_21430318.jpg

前菜「クネル ソース・ナントゥア」
白身魚のすり身を団子状にしたクネル。
甲殻類のソース・ナントゥアと。
リオンの郷土料理を徳島の食材で。

*メニュー名は素材から勝手に私が命名したものです。

b0354293_21433070.jpg


次のお料理にはピュリニー・モンラッシェ
こちらもグラスです!


b0354293_21434615.jpg

前菜「アンドゥイエット」
予約した日の少し前にアンドウィエットを仕込み始めたことをFrench Monstar の Facebook ページで知ったので、楽しみにしていました。
アラカルトメニューだったのですが、組み込んでいただきました。

こめかみなど色々な部位が入っていて、上品なスパイス使い。
日本人の繊細さが加味されたリオンの郷土料理です。


b0354293_21441716.jpg

次はアルザスのゲヴェルツトラミネール

b0354293_21443365.jpg

前菜「野菜サラダ」
美しさを表現することができない写真ですが・・・・・
とても鮮やかな野菜のプレート。
旬の野菜を最も美味しく食べられるであろうスタイルです。
爽やかさ、滋味深さ、食感の妙・・・野菜って様々な美味しさを感じられるのですね!


b0354293_21444599.jpg

スープ「金時芋のポタージュ」
ゆっくりと熱を加えると糖度があがる金時芋。
甘味を引き出された野菜のお料理をいただくと、何故か幸せを感じます。


b0354293_21440226.jpg

サン・ジョゼフの白。
殆ど赤を生産する土地なので、白は希少。
花と密の華やかな香り!

b0354293_21450367.jpg

魚料理「赤舌ひらめ」
トリュフのソース、春菊も使われています。
香りがたつお料理なので、相乗効果のサン・ジョゼフ。
フレンチ(お料理だけでなくカルチャー全般)特有の華やかさを感じます。


b0354293_21451644.jpg

そしてサン・ジョゼフの赤。

b0354293_21453275.jpg

肉料理「すだち牛黒毛和牛サンカクのロースト」
付け合わせも鳴門のれんこん。
ワインもお料理も力強くて、でもエレガント。

b0354293_21454672.jpg

デセール「バニラアイスクリームとうず潮いちご」
酸味と甘みのバランスが素晴らしいいちご。
濃厚なバニラに負けることなくフレッシュな存在感があります。

b0354293_21460043.jpg

食後の飲み物「阿波番茶」
コーヒーもありますが、前回お気に入りになった番茶を。

b0354293_21461359.jpg

80℃で5分抽出。
食後のおしゃべりを楽しみながら2杯目もいただきました。

徳島の食材のよさを引き出しつつ、フレンチの底力を感じることのできるお料理の数々とワイン。
大人が心から楽しめる「ターブル・ドート」スタイルのフレンチです。


b0354293_21462510.jpg

住所: 港区西麻布1-4-9
電話: 03-6804-5444


[PR]
by yukikusama | 2017-02-26 21:49 | グルメ:フレンチ

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30