グルメ:中華・アジアン

西麻布「調鼎チョウディン」高級薬膳食材”雪蛤”をいただきました。

姪の高校合格祝いその3は、私の両親、弟、妹と一緒に西麻布「調鼎チョウディン」へ。

父がフレンチ、中国料理が大好きなので、外食はほとんどこのどちらか。

b0354293_22181271.jpg

父は広東料理い行くことが多いので、四川料理をいただけるお店にしました。

b0354293_22211488.jpg

お通しは「空豆の四川風揚げ」

食前酒のよいおつまみになるのですが、この日は父が車できていたため、まさかのノンアルランチです(涙)。

代わりにジャスミン、プーアール、ロンジン、3種のお茶で。

b0354293_22181271.jpg

好みを選んで、前菜を盛り合わせで。

それぞれ1人前を6皿にわけていただきました。

b0354293_22182387.jpg

「棒棒鶏 若鶏の冷菜 芝麻だれ」

山椒だれの椒麻鶏もあります。

b0354293_22183415.jpg

「雲白肉 豚バラスライスの甘辛ソース」

ゆでて程よく脂が落ちたバラ肉。

ピリ辛のソースとバラ肉の甘味のコンビネーションがたまりません。

b0354293_22184263.jpg

「自家製腸詰」

黒豚を使っています。

薄くスライスされ、噛みしめるほどに旨みが味わえます。

b0354293_22185187.jpg

「ホタルイカの八角煮」

旬のホタルイカ、すっと突き抜けるような八角の香り、初めて経験する取り合わせに舌がうっとり(笑)。

b0354293_22185926.jpg

「夫婦肺片 牛ほほとハチノスの冷菜」

本当に紹興酒がほしくなる・・・・・

四川料理というと麻辣をイメージしますが、こちらのお料理は様々なスパイスが使われていて、冷製の前菜5種も全て味わいが異なります。

b0354293_22193002.jpg

「ゴーヤとトマトの甘酢漬け」

スパイスが効いたお料理が多いので、甘酢漬けでサッパリと。


「ラムとクミンの辛味炒め」

両親ともラムはフレンチでしか味わったことがないようで、中国の味付けにかなり喜んでいました。

b0354293_22193915.jpg

「小籠包」

1人分ずつ蒸籠で供されます。

蓮華にのせて、皮を破って流れ出る熱々の肉汁をまず一口。

澄んだ肉の旨みを味わいます。

b0354293_22200533.jpg

「海鼠(ナマコ)と牛アキレス腱煮込み」

コラーゲンたっぷりのトロントロンの煮込み。

中国では海鼠は大きいまま調理するのですね。

とても柔らかい口当たり。

トリュフのスライスがよい香りです。

b0354293_22201341.jpg

「海鮮入りXO醤チャーハン」

海鮮の出汁とXO醤の味わいが、お米一粒一粒に絡みついているような美味しさです。

b0354293_22202287.jpg

「酸辣湯麺」

温かい汁麺の中で一番好きなのがこれ!

麺をえのきとえりんぎと一緒にほうばると、シャクシャクしたした食感が加わりいいですね。

b0354293_22204633.jpg

「四川風水餃子」

ニンニクの辛いオイルをかけるのが四川風。

モチっとした厚い皮も美味しい。

b0354293_22205974.jpg

デザートは「雪蛤 はすも」

「美味しんぼ」で読んでいらい一度食べてみたいと思っていたのです。

これ、黒龍江省に生息する中国林蛙の卵管。

冬眠と出産をひかえた林蛙の卵管は、女性ホルモン、ビタミン、アミノ酸、コラーゲンをたっぷりと含んでいて、美容効果も高い高級薬膳食材。

味付けは桂花(金木犀)と桃の樹液。

ほんのりと甘酸っぱく、雪蛤はつるっとした滑らかな食感。

b0354293_22210797.jpg

左から雪蛤、桂花、さいかちの実(生薬)。

伺うたびに初めての美味しいお料理をいただける「調鼎チョウディン」

次回も楽しみです。

【調鼎チョウディン】

住所: 港区西麻布4-3-2 田丸ビル2F

電話: 03-6451-1594


[PR]
by yukikusama | 2017-03-31 22:26 | グルメ:中華・アジアン

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30