グルメ:肉料理

六本木「L エル」隠れ家度100%な贅沢な空間でカスタムメイドのディナーを。


インバウンドバブル?

最近銀座や六本木で、ゴージャスな食体験ができるお店が増えている感があります。


隠れ家系のレストランが大好きな友人の希望で、伺ったのは六本木「L エル」


b0354293_22552792.jpg

個室で日本各地から仕入れた旬の黒毛雌牛をいただけるお店です。


b0354293_22473092.jpg


岩に囲まれたような入り口の正面はスタイリッシュなウエイティングバー。

個室に入る前に、こちらで1杯も良さそうです。


b0354293_22474055.jpg


ソファーと大型スクリーンのある個室が3部屋。

3部屋とも内装の雰囲気は異なります。


b0354293_22474794.jpg

私たちの部屋は、ゴールドベースの華やかながら柔らかい雰囲気です。

プライバシーが守られて、秘密めいた雰囲気にワクワク!


決まったメニューがなく、こちらの希望や食材の好き嫌いを反映して、コース仕立てにしていただけます。

ワインや日本酒とのペアリングもお願いできます。

これもサプライズ感が高まってうれしいです。


b0354293_22395490.jpg


のっけからヤラレました!(笑)

「バーニャカウダ」が素敵すぎ。


b0354293_22400730.jpg

埼玉と滋賀の契約農家のお野菜が、花壇のよう。

イカスミとパン粉を混ぜて土に見立てています。

これだけでもお野菜に味わいが加えられ、ワインが進んでしまいます。


b0354293_22415276.jpg
あわせたのは、樽で半年、そのあとステンレスタンクで熟成させたソーヴィニョン・ブラン。
ミネラルがタップリで、野菜にまぶしたイカスミとピッタリです。


b0354293_22420681.jpg

次は「お肉の「ピンチョス」

ロリポップキャンディーのようなプレゼンテーションが女子心をくすぐります。


b0354293_22421806.jpg

牛タンのローストビーフ仕立て、アスパラガスとカイノミ、炙りサーロインのネギ巻き、ブロッコリーとナカバラ。

さすが、ここでも色々な部位が使われています。


b0354293_22424548.jpg
私のお気に入りは、炙ってお肉の甘味が増した炙りサーロインとネギ。


b0354293_22423344.jpg
イタリア北部ヴェネトのシャルドネ。
「レ・ヴァカンツェ」(休暇)というネーミングの微発泡の夏限定ワインです。

お肉に白を合わせるのが面白い。
アスパラガスやブロッコーリーなどのグリーン系野菜と一緒に、お肉の脂もサッパリといただけます。


b0354293_22425746.jpg


「牛ロース、黄身と熟成バルサミコのソース、ベビーリーフ添え」

熟成したバルサミコってどうしてこんなに艶めかしい味わいなのでしょうか。

ベリーリーフお肉でくるりと巻いて、一口でいただきました。


b0354293_22390245.jpg
合わせたのは、甘口ワインをつくるヴェルドゥッツォを使ったオレンジワイン。
熟成バルサミコと卵の黄身の爽やかな甘さのあるソースとよくあいます。
お肉がとてもエレガントな味わいに。


b0354293_22435725.jpg


「水ナスとトマトのカッペリーニ」

お肉が続いたので小休止。

蒸し暑い季節になると、甘味と酸味のバランスがとれた冷製パスタがより美味しく感じますよね。

オレンジワインとトマトが交じり合い、口の中で冷た~いトマトソースに。



b0354293_22441281.jpg


「牛カツ」

カイノミを低温で30~40分揚げてあるそうです。

ジワジワと火が入っているので、お肉がとても柔らかく、カツと言ってもとても優しい口当たりです。

香草、唐辛子が入ったパン粉が、調味料のようにお肉に美味しさを加えます。


b0354293_22442805.jpg
このお皿には「花巴」。
ヨーグルトのような柔らかい酸味もつ山廃本醸造。
柔らかいカツを包み込み、穏やかながら華やかな味わいのマリアージュ。


b0354293_22444106.jpg


「牛すね肉の和風リゾット」

木の芽の香りに、時雨煮のような牛すね肉。

アルデンテに炊けたお米は、宮城のささ結び。カルフォルニア米のような甘味があります。


「花巴」にあわせても美味しいのですが、


b0354293_22391357.jpg

アルゼンチンのマルベックが登場です。
近年とみにフォーカスされてきたマルベック。

シナモン、スパイス、ブラックチェリーなどを感じる複雑みが特徴。
すね肉のお醤油と木の芽の風味が、シナモン、スパイスと同化してより活き活きと感じられます。


b0354293_22392770.jpg

「ステーキ」

熱い溶岩にのった中バラとランプ肉。

美しい焼き具合に目を奪われます。

わさび、辛子、岩塩のコンディメントがありますが、まずはそのままお肉を味わいます。

焼き目の香ばしさと噛みしめるたびに滲み出す肉汁の旨みを堪能!




b0354293_22552792.jpg

最後はピノネロやメルローがブレンドされた柔らかな口当たりのラディコンで。
ステーキではありますが、重たいソースではないのでまろやかな味わいのワインとよくあいます。

今回のワインは、比較的お手ごろなフレッシュなラインナップ。

でも、お肉の状態を見極めたペアリングなのでとてもバランスがよく、お肉尽くしでも重たく感じることはなく、美味しさの余韻が続きます。

ピンチョスからステーキまで、本当にいろいろな味わい方があるのですね~。


b0354293_22394441.jpg


デザートは、メロンのグラニテを敷き詰めたアイスクリーム。

ラフロイグをあわせました。


特別感満載のゴージャスな個室で、ゆっくりといただく和牛とワインのペアリング。

大事な友人の誕生日やお祝い事にぜひまた訪れたいです。

「今日は決めるぞ!」というデートにももちろんおススメです。


【六本木 L エル】

住所: 東京都港区六本木3-13-14 ゴトウ3rdビル4F

電話: 03-5770-8280





[PR]
by yukikusama | 2017-05-25 23:56 | グルメ:肉料理

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31