グルメ:中近東

銀座「SARAY サライ」パリのアラブ人街を思い出すピタパンとケバブ

1年ほど前から前を通る度に気になっていたトルコ料理「SARAY サライ」。

トルコ料理は世界三大料理の一つであり、オスマントルコ帝国時代のスルタン宮廷料理は、イタリアの貴族料理に深く影響を与えたことを知り、より興味が高まっています。

近くでお昼前に仕事が終わったので、迷うことなく「サライ」へ。

11時半だったので、一番のり!

でも12時を過ぎると近隣の外資系オフィスからやってきたと思しき、多国籍の10人位のグループや、二人組の日本人で、席が埋まっていきます。

かなり人気がある様子です。

いただいたのは、何種類もあるランチコースから

b0354293_12293673.jpg

「チキンとビーフのミックスケバブセット」 950円。

こちらにスープとサラダ、ピタパンがついています。

銀座で1,000円以下のおススメランチにランクイン!

b0354293_12295268.jpg

クリーミーなジャガイモベースの「野菜スープ」。

パプリカも入っていて深い味わいです。

b0354293_12300569.jpg

「グリーンサラダ」

お肉の前には野菜を摂っておかないとね。

b0354293_12301656.jpg

スープとサラダを食べていると、ケバブがサーブされます。

チキンは柔らかく、ビーフは歯ごたえがあり、バターライスが添えられています。

b0354293_12303186.jpg

「ピタパン」

ふっくらと焼き上がり、袋状に切れ目が入っています。

この中にケバブを入れるのですが、サラダも残しておけばよかったな・・と。

お肉単体より、野菜と一緒にピタパンに入れると、不思議と美味しさが増すのですよね。

実は初めてケバブを食べたのは、パリのアラブ街。

大きなピタパンにあふれるばかりに詰められたお肉と野菜は、1ヶで十分なランチになりました。

ヨーロッパに思いを馳せながら、一人ランチをゆっくりと楽しみました。

b0354293_12291441.jpg

カーテンが下がっているボックス席、トルコの宮廷のような雰囲気です。

ベリーダンスを鑑賞しながらのディナーもあるようで、夜に再度訪れようと思います。

【SARAY サライ銀座店】

住所: 中央区銀座5-10-6 第一銀座ビルB1F

電話: 03-5537-6097


[PR]
by yukikusama | 2017-06-09 12:31 | グルメ:中近東

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30