旅:ホテル

タイ・バンコク「ザ・オークラ・プレステージ・バンコク」あのフレンチトーストが!朝食編


深い睡眠のあとの爽やかな目覚め、タイに来てから調子がいいです。
空腹をかかえて「Up & Above (アップ&アボーヴ)」で朝食を。

b0354293_22534719.jpg


フルーツ王国でもあるタイ、新鮮なフルーツをその場でカットして盛り付けています。トレイの上が少なくなるとすぐ長いナイフでカットしてくれます。
爽やかな甘い香りが漂っています。

b0354293_22515186.jpg

同じくフレッシュフルーツジュースのディスペンサー。
中央の筒に氷が入っているので、ジュースが薄まらず冷たくいただけます。

b0354293_22543041.jpg

そして目を引いたのが、ヌードルカウンター。
翡翠麺、卵麺、米麺など好みのものをその場でゆでてくれます。

b0354293_22522561.jpg

本日の麺はポーク。
米麺でつくってもらいました。

b0354293_22531613.jpg

スープは出汁がでていますが、とても薄味。
ニョクマムや唐辛子など、自分で味付けを加えます。

b0354293_22553891.jpg

茶碗蒸しのような卵料理yあ、野菜炒めなど温かいお料理が多いです。

b0354293_22560936.jpg

自分でサーモンベーグルやオープンサンドウィッチを作れます。

他にもオムレツ、パンケーキなどを焼いてくれるコーナー、蒸篭が重なっている飲茶コーナーなどもあります。

b0354293_22523515.jpg

友人と二人で初日はこんなに!
日曜日だったので、ゆっくりとブランチ感覚です。
オムレツも欧米スタイル、タイスタイル、見えにくいのですが中近東のフムスまでありますよ。
見た目も舌も大満足な朝食でした。

b0354293_22524673.jpg

2日目の朝食は、打ち合わせを兼ねていたので、前日よりは少な目。
さすがに仕事の話をしながらだと、美味しくてもあまり食べれません・・・(笑)

b0354293_22520436.jpg

そしてこちらのホテルのPRディレクターから、是非にと勧められた「フレンチトースト」。

本家本元、ホテルホークラ東京「オーキッドルーム」のフレンチトーストは、ある国の元首に「世界一」と言わしめたそうです。
これについては、昨年 「休業前に、ホテルオークラ東京の世界一のフレンチトーストが食べたい」 で紹介しています。

トーストの切り方は一緒ですが、プレゼンテーションや味わいはバンコクオリジナルで、東京のものより軽い感じです。

前者がオークラ20世紀のフレンチトーストとしたら、こちらは21世紀版ですね。


バンコクがアジアの中心に位置するからでしょうか、欧米、アジア各国のお料理が紹介しきれないほど並んでいます。
純和朝食は、同じフロワーにある「山里」でいただけます。


b0354293_23011447.jpg

朝食が美味しくて、滞在中ランチもディナーもいただいた「Up & Above (アップ&アボーヴ)」は、こんな素敵な空間です。



【ザ・オークラ・プレステージ・バンコク】

住所: 57 Wireless Road, Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330
電話: 66-2-687-9000









[PR]
by yukikusama | 2017-06-19 23:05 | 旅:ホテル

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31