グルメ:フレンチ

広尾「ビストロシロ」シックな新店舗で独創的な魚料理

今年10月18日に移転して徒歩圏内になった「ビストロシロ」。イタリアンかフレンチの魚料理が食べたいというと友人のリクエストで、移転後初めて伺いました。


以前はフランスの田舎にある一軒家のようなフレンチシャビーな趣きでしたが、今度はワンフロアでモダンなインテリア、シックな雰囲気の中で食事を楽しめます。

友人(日本人)はフランス生まれ。
日本の大学を卒業後、ヨーロッパ、アジアの国々で教育に関わる仕事をしていて、年に数回日本に帰国する生活を送っています。
ここのところアジアに住んでいるので、日本に来た時には、フレンチかイタリアンのレストランで会う事が多いです。

b0354293_00320817.jpg

日本は美味しいワインが手ごろな価格で飲めるということで、飲み物は最初からワイン。
ロワールのソーヴィニョン・ブランを。
澄んだ味わいの後に、余韻を楽しむ密の香り。
この味わいが最後のブイヤベースに、実によくあいました。



b0354293_00321536.jpg

「厚岸の生牡蠣」
爽やかな海の味わい。
これから寒さが厳しくなるにつれて、ミルキーさが増していく美味しさがうかがえます。


b0354293_00322248.jpg

「名物 蟹パン」
境港から直送された紅ずわい蟹を、ハーブ入りマヨネーズを塗った薄いパンの上に。幾何学的なプレゼンテーションにビックリ。
名物と言われるだけある独創的で印象深い一皿です。

b0354293_00322903.jpg

「鮑と肝のソース」
コリッコリの鮑に海の香りが濃厚で苦味のある肝のソース。
クレソンの苦味と共にクセのある美味しさを堪能します。

b0354293_00323709.jpg

「ブイヤベース」
オマール入りなどプラスアルファもありますが、今回はスタンダードバージョンで。

b0354293_00324492.jpg

芳醇な風味のスープ・ド・ポワッソンに白身魚、甲殻類、貝類。

b0354293_00325393.jpg

残りのスープでパスタを。
リゾットにもできます。


b0354293_00330171.jpg

食後はカルヴァドスでゆっくりとおしゃべり。

友人も、フランス流のディナーが楽しめたと喜んでいました。

b0354293_00330702.jpg

カウンター席はありませんが、常連らしいお一人様もちらほら。
一人でテーブルについていても違和感がない雰囲気でした。
そのうち私もその仲間入りをするかもしれません。

洋物の魚料理の中で、かなりおススメ度が高いお店です。

住所: 東京都渋谷区広尾3-2-13 岡野ビル1F
電話: 050-5592-6470


ビストロ シロ
ビストロ シロ
ジャンル:魚介専門ビストロ
アクセス:地下鉄日比谷線恵比寿駅 徒歩14分
住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-2-13 岡野ビル1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 広尾×フレンチ(フランス料理)
情報掲載日:2017年12月1日



にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村



[PR]
by yukikusama | 2017-12-01 00:34 | グルメ:フレンチ

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30