グルメ:和

恵比寿「鮨染井金平」大人が気軽に楽しめる九州産メインの鮨会席

和食をいただく機会は結構ありますが、お鮨となるとメニューがないところもあり同気軽に友人を誘うことができず、たいがい一人で行っています。


でも先日お誘いされた恵比寿「染井鮨金平」は、コースや握り一貫ごとの価格が記されたメニューがあり、カウンターはバーのような雰囲気。

女性同士でも気軽にお鮨がいただけます。


オーナーも現場にたつ鮨職人。

九州産の食材にこだわっています。


この日は九品に握り九貫のおまかせコース 9800円をお願いしました。


b0354293_00200311.jpg


前菜


b0354293_00202796.jpg


里芋田楽


b0354293_00204090.jpg


銀杏



b0354293_00195050.jpg


白子


b0354293_00205710.jpg


かき有馬煮



b0354293_00210976.jpg


紅葉麩揚煮


b0354293_00212398.jpg


程よい濃さと炭酸の強さの山崎のハイボール

国産ウィスキーのハイボールは和食にピッタリとくるので、最近1杯目はハイボールが多くなっています。


塩の効いた銀杏、甘味とホッコリ感の里芋田楽、弾力のあるかき有馬煮、とろりとした白子、噛みしめるほど旨みがでてくる紅葉麩。

歯ざわり、風味が異なる5種の前菜から、冬の美味しさが伝わります。



b0354293_00193087.jpg


造り

旬の五種盛り

「鮃、本鮪、〆鯖(水蛸の後方)、帆立、水蛸」


まるで私の好みを知っていたかのようなお造りに、心が躍ります。

寒くなると旨みが増したように感じる食材の数々に舌つづみ。


私の中で、鮪の赤身が美味しいお店は信頼できます!



b0354293_00215161.jpg


焼物

「のどぐろ開き」


一夜干ししたのどぐろは、余計な脂が落ち旨みがギュッと凝縮していて最高!


先日伺った、銀座ののどぐろ専門店にも劣らない美味しさです。

こちらも対馬産だそうです。

九州沿岸もよい漁場なのですね~。



b0354293_00221622.jpg


温物

「めぬけと秋茄子の揚げ出し」


脂が強いけれど淡泊で上品な味わいのめぬけと、その美味しさを充分に含んだ秋茄子。

舞茸の風味が加わり、海と山の幸の共演です。


日本は海と山の距離が近いから、自然と海と山の幸があわさるのかな・・と。



b0354293_00223512.jpg


生牡蠣と合わせて、超辛口の純米酒を。

「日高見」は和の魚料理をいただく時、メニューにあれば必ずお願いする程好みです。



b0354293_00224954.jpg


酢の物

「北海道厚岸 生がき」


ふっくらとした身にポン酢、王道のいただき方ですね!

もっと寒くなったら、よりふっくらとミルキーな味わいが濃くなるだろうと想像できる牡蠣。


蒸留所があることも知った厚岸。

アイラ島でやったように、牡蠣とウィスキーを楽しみに行ってみたいと思いました。



b0354293_00230457.jpg


揚物

「河豚竜田揚げ」


淡泊な河豚の味わいを閉じ込めた竜田揚げ。

河豚の風味が移った湯気とともに、熱々を頬ばります。



そしていよいよ握り。

寿司

にぎり九貫


b0354293_00231742.jpg


小鰭 柚子

柚子の香りの小鰭は初めて。

柔らかい酸味で身の美味しさが引き立ちます。



b0354293_00233006.jpg


のどぐろ 炙り

炙り方が見事!

焦げ目をつけるのではなく、熱で脂を最も美味しい状態にしています。


b0354293_00241285.jpg


しろいか

コリッコリとした歯ざわりが、いかの美味しさをより感じさせます。

わさびが効いたいかの握り、定番ですが外せませんね。


b0354293_00243317.jpg


本マグロ中トロ

先ほどお造りでいただいたマグロの中トロ。

プレミアムなマグロの脂は、舌の上にほのかな甘みを残して、スーッと消えていくのですね。

赤身も並べて、食べ比べをしてみたい衝動にかられました。



b0354293_00244656.jpg


平貝 柚子

サクッサクと歯切れがよく、貝独特の風味が鼻を抜けます。

貝好きが貝を好きな所以です。


b0354293_00250407.jpg


ガリサワー

生ものが続く中、舌をリフレッシュする甘味のある生姜の刺激で、握りをより美味しくいただけます。



b0354293_00252156.jpg


車海老

プリッとして美しい朱色の身は、正に海老の王様。



b0354293_00253847.jpg


いくら軍艦

パリッとした香りのよい焼き海苔。

巻く直前まで専用の箱の中で暖められています。

いくらの塩味で海苔を美味しくいただく・・と感じた軍艦。


b0354293_00255654.jpg


穴子 タレと塩

タレと塩がペアで一貫。

タレのほうに軍配があがりましたが、塩もなかなか!


b0354293_00261172.jpg


雲丹

海苔と雲丹は美味しさが喧嘩することがあるので、海苔なし、塩でさっといただくのはいいですね。


う~ん、大満足!!!

淡泊な白身はなく、力強いネタが九貫。

柑橘類が上手く使われていたりと、飽きさせない工夫が素晴らしい。



b0354293_00262981.jpg


「しじみ赤出し」


ほっこり胃が温まります。

お酒を飲んだあとのケアにもなりますね。


b0354293_00264697.jpg


甘味

「抹茶アイス最中」

軽い口当たりで甘みも抑えられていて、とても上品なアイスクリーム。


ボリュームは多めですが、一品一品が繊細に作られています。

無理なくすんなりお腹におさまりました。


大人が気張らずにゆっくりとお鮨を楽しめる。

デート、簡単な接待、女性同士のディナー、色々な機会に伺えるお店です。




【鮨染井金平】

住所: 東京都渋谷区恵比寿西1-4-10 恵比寿ブリックス1F

電話: 03-6455-3900



にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
にほんブログ村にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村



[PR]
by yukikusama | 2017-12-12 00:27 | グルメ:和

美容、食、旅について気ままにアップしていきます。


by 美・食・旅のエピキュリアン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30